過蓋咬合は歯科で治すのがおすすめ

過蓋咬合である場合、歯科で治すのがおすすめです。

これはかみ合わせが深い状態のことをいいます。判断するのには、歯を前から見てみます。

そのときに、下の前歯を上の前歯が、すっぽりとおおってしまうくらい、深く噛み合った状態であれば、それは過蓋咬合です。

自分ではよくわからないときは、歯科で見てもらうのがおすすめです。


自分では気が付きにくいです。
過蓋咬合を歯科で治すのがおすすめなのには、いくつかの理由があります。
前から見たときに、上の方の前歯だけが、やけに大きいサイズに見えてしまうのも一つです。

幅広い分野の視点からおすすめの歯科情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

前歯が大きく見えるのは、バランス的にも、あまり美しいいとは言えないです。

下の部分の歯が見えない状態だと、やけに前歯2本が出ているような印象になります。

過蓋咬合は、前歯が虫歯になりやすくなります。

上の方の前歯が、とても乾燥しやすい状態になるためです。そうすると、歯同士のあいだに、いつの間にか虫歯ができてしまうことになります。

歯医者の比較に関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

唾液によって、口の中の歯は守られているものです。

そのため、過蓋咬合は早めに治して、虫歯予防にもつなげたほうがよいのです。

もう一つ困るのは、過蓋咬合を放置すると、歯周病にもなりやすくなるということでし。上の方の歯茎根元部分を、下にある前歯は常に刺激をすることになります。

そうなれば、歯周病にもつながりやすくなってきます。
特に奥歯でしか噛まないため、歯周病が進みやすくもあります。

教えてgooの情報はこちらのサイトです。

過蓋咬合は、はやめに治すことです。